オゾン水の特徴・安全性

オゾン水の特徴・安全性

  • オゾン水は、強い酸化力があり、殺菌や脱臭などの幅広い分野での利用が可能です。
  • オゾン水は、すぐに酸素に戻るので、しばらくすると普通の水になり、残留しません。
  • オゾン水は、塩素を使わない安全で確実な衛生管理ができ、使用後に再度水で洗浄の必要もなく利便性に優れています。
  • オゾン殺菌は、耐性菌を生じにくいメカニズムで、薬剤の代替が期待されています。

農産物の安心・安全。

作物に付着した残留農薬を分解、大腸菌を殺菌します。

微生物の種類 水中オゾン濃度 微生物濃度(個/ml) 温度(℃) pH 接触時間 死滅率(%)
大腸菌 0.96ppm 105cells 21.0 7.0 5秒 100
ブドウ球菌 1.08ppm 105cells 21.0 7.0 5秒 100
緑膿菌 1.01ppm 105cells 21.0 7.0 5秒 100
クロストリジウム・パーフリンジェンス 0.96ppm 105cells 21.0 7.0 5秒 100
インフルエンザウィルス 0.96ppm 1053EDI50 21.0 7.0 5秒 100
鶏脳脊髄炎ウィルス 0.72ppm 1029EDI50 21.0 7.0 5秒 100
犬伝染性肝炎ウィルス 1.20ppm 1015EDI50 21.0 7.0 5秒 100
犬パルボウィルス 0.96ppm 1025EDI50 21.0 7.0 5秒 100
鶏コクシジウム 1.92ppm 約3×103cells 20.0 7.0 30分 100
財団法人日本食品分析センター 第298031413-001号より

お問い合わせはこちら TEL 0566-21-3260 営業時間 8:00〜16:50(土・日は休業日) その他休みはカレンダーに記載

メールでお問い合わせはこちら
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.