yatugiri

問い合わせで四切りを切れる電動断裁はどれですか?という問い合わせがあります。

紙のサイズでA4やB5などは日常でよく使いますし、これらは日本工業規格『JIS』で定められており、

決まったサイズなのです。

では四つ切や八つ切のサイズは決まっているのでしょうか?

答えは決まっているけど、バラバラです。

なぜこうなるかと言うと、四つ切は『元となる紙のサイズ』を4分割したサイズですが

『元となる紙のサイズ』が画用紙であったり写真の印画紙などで違うのです。

画用紙の元となる紙のサイズ『全判』788×1091mm、四つ切392×542mm、八つ切392mm×271mm

印画紙の元となる紙のサイズ『大全紙』508×609.6mm、四つ切254×304.8mm、八つ切165×216mm

このように同じ四切りでもサイズが違うので、サイズを伝える時は『画用紙の四切り』・『印画紙の四切り』と言うと伝わりやすいです。

kami001

同じ呼び方でもサイズがちがうのは、東京や京都で1畳の大きさが違うのと同じですね。

紙のサイズを知ると、業種やその紙の歴史が分かる気がします。