k395断裁機の選び方断裁機の選び方 その1

弊社ではいくつかの断裁機(裁断機)を取り扱っており、どれを選ぶべきか用途や機能などいくつかポイントがあります。

一度にカットする枚数で選ぶ

少ない枚数(1〜5枚程度)ならロータリーカッター(SASA)、5〜20枚なら押し切りタイプの裁断機(KWペーパーカッター)、それ以上なら手動断裁機(ZAC)か電動断裁機(ARIYA/ZAC K)がおすすめです。 ロータリーカッタSASAやKWペーパーカッターでも上記の枚数より多くカットできますが、かなりの力が必要でカット精度や断面が綺麗に切れないので、ある程度余裕を持った断裁機を選ばれた方が良いかと思います。

安全性で選ぶ

sasa01
どの断裁機にも安全装置はついており、通常使う分には安全です。より安全に使っていただけるように、安全カバーや鍵が付いていたり、刃に手が触れても大きな怪我にならないものを選んで下さい。
ロータリーカッターSASAは刃が少ししか出ていないので、大きな事故になりにくいです。逆に電動断裁機は大きな力で刃も大きいのでキースイッチやカーバー、両手操作スイッチなどがついています。断裁機は子供が興味を示しさわりたがるので、学校など子供が多い場所では特に安全性を考慮してお選び下さい。

メンテナンス性で選ぶ

断裁機の刃は使っていくうちに切れ味が悪くなります。そこで替刃・受木を交換することで、切れ味をもどし長期間つかえるようにします。ロータリーカッタSASAは安価に替刃・受木の交換ができ、KWペーパーカッターは基本的に交換はできません。大型の手動断裁機(ZAC)や電動断裁機は替刃・受木の交換意外に刃物調整や、研磨をしての再利用ができます。

上記以外にも本体の大きさやカットしたい紙の大きさなどから、それに適した断裁機をご購入ください。またご不明な点やこんな用途で使いたい、どの断裁機がいいのかなど、ご気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

ロータリーカッターロータリーカッターSASA
少ない枚数をカットするのに向いています。
本体・替刃もお手頃価格でメンテナンスもしやすい。
軽量アルミ仕様でスペースもとらないので、個人の事務用品などにもお使いいただけます。
またA1長編カットも対応し、ご指定のサイズをカットできるオーダーメイドもお作りできます。


KWペーパーカッターKWペーパーカッター
10枚程度の用紙もカットする標準的な小型事務用断裁機です。
替刃などはなく、メンテナンスはほとんど不要。
台にA4B5などカットサイズが記載してあり、ごく一般的にお使いいただくのならおすすめです。


syudo-html大型 手動断裁機ZAC
100枚以上断裁できる、強力な断裁機です。
頑丈なつくりで替刃や受木もあるので、メンテナンスをすれば末永くお使いいただけます。
安価に多くの紙を切ることがある方におすすめです。


電動断裁機サムネ電動断裁機サムネKB電動断裁機
力を使わずに沢山の紙を断裁できる超強力な断裁機です。
頑丈なつくりで替刃や受木もあるので、メンテナンスをすれば末永くお使いいただけます。LEDカットラインやキースイッチなど、多くの機能・安全性が考慮されており、学校や多くの人が使用する環境のにおすすめです。