断裁機が動かない時の対処方法。

断裁機のボタンを押しても動かない。電源も入っているのに故障かな?という問い合わせや修理でもちこまれる事があります。

もっとも多い原因が、断裁機のブレーカー落ちです。
これはブレーカーを戻せば通常どおりに動く事が多いです。
ブレーカーの場所は断裁機の正面右下、断裁ボタン右の下にあります。
ブレーカーが落ちると、このボタンが飛び出てきます。

復旧方法は、飛び出したブレーカーボタンを戻すだけです。

FBbreakerKBbreaker

 

ブレーカーをもとに戻しても紙が歯の下に残っている場合は、リセットボタンを押して裁断ボタンを押し、断裁刃を

ブレーカーが落ちる原因は刃が摩耗して、紙をカットするときにモーターに負荷がかかり、ブレーカーが落ちるのが主な原因でなので、研磨済み又は新しい刃に交換してください。

断裁刃を交換してもブレーカーが落ちる場合は、電気系統の故障が考えられますので
お客様相談センターや販売店にご連絡ください。

次に多いのが安全カバーが原因で動かない事が多いです。
右側の安全カバーが確実にしまっているか確認してください。
また、紙や異物が挟まり、完全に閉まっていない事があります。

透明のアクリルカバー付きの断裁機の場合、カバーの上に強い力が入りねじれてカバーがしっかり閉じないことがあります。
その場合はカバーを固定しているねじを少し緩めて、締め直すと直る事があります。