Q&A スチールベルトの交換方法  PDF更新

大型の電動断裁機で紙の断裁幅を調整する紙あて定規。
これを動作させるスチールベルトの交換方法を、更新しました。

新しい電動断裁機、No.913 No.914/KB-395 KB-430用を新たに追加し
いままでの交換方法を改訂しました。

スチールベルト交換方法(PDF)
対象機種:No.913 No.914/KB-395 KB-430



スチールベルト交換方法(PDF)
対象機種:No.701N No.710 No.713 EN39 EN41 EN43 K-395 K-430

Q&A アクリルカバーの取付け

アクリルカバーの取付け

アクリルカバーの外し方から取り付け方の解説を動画にて紹介します。
※アクリルカバーを外すと止めていた軸がバネの力で半回転ほどします。取り付ける時は軸を手で固定しながらアクリルカバーを取り付けて下さい。

【動画】アクリルカバーの取付け

Q&A なめたネジの外し方(断裁刃取り付けボルト)

Q&A なめたネジの外し方(断裁刃取り付けボルト)

断裁刃を外そうとした時にネジがなめてしまって、外せなくなった場合の対処方法を下記に記載します。
※アクリルカバーが邪魔な場合はアクリルカバーを外してもらってもかまいませんが、取り付けるのにやや手間がかかります。

どうしても取れない場合は油をさして、一晩経ってからタガネで再度試して下さい。

【動画】なめたネジの外し方(断裁刃取り付けボルト)


【写真】なめたネジの外し方(断裁刃取り付けボルト)

まず下記の道具。ハンマ・タガネ・ラジオペンチを用意します。
タガネお近くのホームセンターなどで購入してください。またはマイナスドライバーなどで代用できる場合もあります。
なめネジ工具

次にネジ山部にハンマーとタガネでネジ外周部に引っかかる場所を作ります。
タガネネジ山

 

溝を付けたら左回り叩き、徐々に回します。
ネジはギュッと伝わるトルクより、一瞬にかかるトルクの方が回り易いのでハンマーで軽く叩いても少しずつ回ります。
タガネネジ山回し
タガネで緩まったら、ラジオペンチで挟んで回せば外れます。
タガネネジ山外し

 

どうしても外れない場合は販売店などに修理の依頼をして下さい。

Q&A『カバー開ランプ』が点滅して断裁できない

 

『カバー開』ランプが点滅し、断裁ができない場合の対処方法。

カバー空き点滅gif

上記のように『カバー開』ランプが点滅している原因として2つがあります。

1:カバーの下に異物が挿入されている。

カバー下異物

紙やテープくずなどがカバーの下に挟まって、カバーの片方が完全に閉まっていない時に点滅する時があります。
異物を取り除いて、電源を入れ直して下さい。

2:カバー取り付け軸が曲がっている。

カバー衝撃

重い物をカバーにぶつけてしまったり、カバーの上に体の一部をのせるなど大きな衝撃や加重を加えると、カバーを取り付けている軸が曲がってしまいます。

その場合は軸を取り付けているネジを緩めて、再度閉め直すと直ることがあります。
完全に外してしまうと、取り付けが大変になりますので気をつけてください。

カバー取り付け軸のネジはずし

半〜1回転程度緩めてください。

カバー取り付け軸のネジはずし右
反対側も同じように緩めて締め直してください。

それでも直らない場合は内部の故障などが考えられます、販売店などにご相談ください。